ブログ
お問合せ
★消音ピアノ
消音ピアノTOP

 
消音ピアノ○○
  
取付のご案内

消音ピアノ○○
  購入の手引き
1.まずはじめに
2.中古でもイイ?
 
 (消音ピアノの選び方)
3.消音Pリスト

消音ピアノを
  詳しく知りたい
 1.どんな仕組み?
 2.グランドピアノに
  取付できるの?
消音ピアノ(サイレントピアノ)はグランドピアノにも付けられるの?
周囲に迷惑をかけずに練習できるピアノの消音機能。
アップライト(たて型)だけではなく、グランドピアノにも
取り付けることは可能なのでしょうか?
取り付けが可能ですか?と問われれば、
答えは”Yes”です。けれど・・・
ちょっと
問題も…
消音ピアノは、ハンマーが弦に当たる寸前にストッパーがかかり
それに対応したセッティングが必要となります。アップライトピアノ
の場合は、ほとんどタッチに影響がないと言えますが…
グランドピアノは、アップライトに比べ
非常に表現力豊な楽器です。
そのため、セッティングにもシビアな
対応が必要となります。

新品購入時に、オプションとして注文
されたヤマハ純正サイレントGP以外
は、アコースティック(生)演奏される
ポジションの際にも、少なからず影響
が出る可能性があります。
グランド用の消音ユニットを扱うメーカーや販売店の広告では
「タッチに『全く』影響はありません」とされていますが、機構上、
それはあり得ません。
ただし、それじゃグランドに付けるのはやめよう、というのも
ご検討の結果としては早急過ぎるかもしれません。
シビアなセッティングと便利な機能。どちらがお客様にとって
より大切なものか、ご検討いただくために、ぜひ以下をご覧
ください。
     まず、通常のグランドピアノのアクションを見てみましょう。
鍵盤への入力が
複雑な過程を経て
ハンマーを動かし、
弦に到達して発音
に至ります。
 通常のグランドピアノと、サイレントグランドピアノの構造を比べてみましょう。
これが普通の
グランドピアノ
こちらが、ヤマハの
サイレントグランド
赤い部分が、
消音グランドピアノに
共通する追加部分。

緑はヤマハサイレント
のみの追加部分です。

さて、どのような仕組みで音が出なくなるのかというと・・・
サイレントを可動させると
消音バーが回転します。
鍵盤を下げても、ハンマー
が、消音バーに当たって
弦に到達せず、音が出なく
なります。

案外、簡単な構造のように
思えますね。
鍵盤下に新設されたセンサーが鍵盤の動きを計測し、
そのデータがコンピューターに送られ、ヘッドホンから
音を出すわけです。
このように
鍵盤からハンマーへの一連の動きが制御されるため、
アクションのセッティングを一部変更する必要があります。
消音での演奏は、音自体が変わるため、弾きごこちが変わるのも
当たり前ですが、ここで問題となるのは、消音を解除して、アコー
スティック演奏をする場合にも影響が出てしまうということです。
前項『どんな仕組み?』のアップライトピアノの場合でもご説明しましたが
鍵盤を押す力は、通常、ハンマーが弦に届く2〜3mm手前で抜けます。
ハンマーで弦を抑えつけないためのシステムですが、消音ピアノの場合、
消音バーにハンマーの軸が当たる寸前に力が抜けるようにセッティング
を変更しなければなりません。
消音向けのセッティングでは、鍵盤からの入力が抜けるのは
6mm程度。アップライトの場合は、構造上の違いから、問題に
ならない範囲ですが、豊な表現力を有する繊細なグランドピア
ノのアクションでは、そうはいきません。
チカラが途中で抜けるということは、鍵盤をたたくチカラが
100%弦に伝わらないことを意味します。
具体的に言いますと、フォルテッシモが弱く…いや、実際には慣性の力で
フォルテシモはそれほど変わりません。最も影響が出るのはピアニシッモ。
今までのそぉっとしたタッチではハンマーが弦に届かなくなり、繊細なコン
トロールは不可能となり、全体としても表現力に乏しいピアノになってしまう
可能性があります。
しかしながら・・・
更に現実的な話をいたしますと、お客様のご家庭のグランドピアノは、それ
ほどシビアにセッティングされていない場合が多いのも事実です。
悪い言い方をすれば、100%の実力を出し切る調整がされていないピアノが
大半だとも言えます。
また、あまりにコントローラブルなピアノは、タッチの過ちがすべて音に出てし
まって弾きにくい印象を与えることもありますから、あえて遊びの多い調整を
好まれる方もいらっしゃり、消音セッティングはそれと同じ程度とも言えます。
以上、ご理解いただいた上で、『消音ピアノ』の便利さとを
秤にかけて取り付けのご判断をいただければ幸いです。
弊社では、取付経験の豊かな 専任の技術者が取り付け
に伺いますので、安心してご相談ください。
朗報!!
グランドピアノ専用消音ユニット『KHP-5000』が新登場。
今までの後付け消音GPユニットの常識を打ち破る
ハンマー接近3mm以下」を実現し、高感度のタッチが
得られます。現在、本郷店にて取付見本を展示中です。
HPでの詳細公開は、もう少々お待ちください!!
取り付けを行った感想としては…
「物凄くイイ!!」です♪
取り付け費用その他のご紹介をする前に・・・

実は、上記に挙げたタッチの変化が殆どない
消音グランドピアノ(!)をご紹介いたします。
実は、新品購入時に、メーカー特注で消音機能が
取り付けられた、ヤマハのサイレントグランドピアノ
では、アコースティック演奏時にも、タッチの変化は
極わずかです。
先ほどご覧いただいた
消音グランドピアノの
内部画像で、緑の部分
は、ヤマハサイレントに
特有の部品だと申しま
した。
この部分が、生演奏時
のタッチ変化を生まない
しくみなのです。
画像を一部拡大してみましょう。右が普通の
グランドピアノ、左がヤマハ特注サイレント。
緑線でかこったL字部品の底辺には、コブが
2つあります。
更にピンク線でかこった部品も追加されて
いますね。
アコースティックポジションでは
L字パーツ底辺の右端が、上の
制御ボタンに触れて、チカラが
抜け、ハンマーは弦の約3mm
手前で脱力します。
ヤマハサイレントGPでは
消音機能を作動させると同時に、
L字パーツの制御バーが稼動。
L字パーツ底辺2つ目の
コブが、制御バーに接触
して消音セッティングの
位置で鍵盤からの入力を
脱力させます。
このように、ヤマハ特注のサイレントグランドピアノでは
消音演奏とアコースティック(生)演奏で、それぞれ別の
アクションセッティングに変化します。そのため、生演奏
の際にも、普通のグランドピアノと大きく変わらないタッチ
を実現しているのです。
(唯一、ドロップ調整にのみズレが生じるため、極僅かに
タッチの重だるさを感じる場合はあるかもしれません。)
ですから、やはり納得できる消音グランドピアノを手に入れるなら
新品ヤマハにお買い替えというのもひとつの方法です。
(アクションそのものの構造が違うため、残念ながら、ヤマハ消音
 のシステムを、後から取り付けることはできません)
愛着のあるピアノをそのまま生かすも良し、心機一転されるのも
良し。ぜひ併せてご検討くださいませ。

の、はずだったのですが・・・

ここまで読んでいただいた方、未だレポートの準備が出来ないままで
このようなカタチのご紹介になりまして誠に申し訳ございません。

実は

コルグから、上記の心配のない優秀な消音ユニットが発売されました!
コルグ KHP-5000

 ユニット本体 :357,000円
 取付技術料 : 84,000円(標準)


 (ネットキャンペーン価格)
  441,000円 →
  取付料金 全額 サービス!!
    357,000円(税込)

   プラス、
    標準調律料金(\16,000-)サービス 
    アクション調整料金サービス
レットオフ3mm、ドロップの変化もなし!ヤマハ以上の実力を持っています。
詳細についてのご案内は準備が整い次第・・・
それまでの間、弊社の『掲示板』にて、実際に取付を検討→実施された方の
ご感想などが掲載されていますので、ぜひご参考にご覧くださいませ。
 → 掲示板へ 

ブログでも解説させていただきました。
 → ブログへ

ヤマハの新品サイレントグランドピアノ、お買い得品はこちら。
ヤマハ

 C1TDSH
 高さ  101cm
 間口 149cm
 奥行 161cm
 300kg
 
  \1,744,500-(税込)

 特価承り中
 サイレント専用モデル。
 通常のタイプとしては
 最も廉価なサイレントGP。
 2012年12月3日発売

その他、ヤマハサイレントGP/カワイ消音GPについて 詳しくはコチラへ。
グランドピアノの消音について、ご理解いただけたでしょうか。

前述のように、GP消音の取り付けにおいては、どうしても超え
られない限界が存在しておりましたが、2010年現在、とうとう
その壁を打ち破る後付けユニットが誕生しました。
ぜひ弊社本郷店にてご試弾くださいませ。