75〜80年代
ブルマァク亡き後、怪獣商品は
死滅してしまうのでしょうか?…否!
ウルトラマンレオの放映が終了し、ブルマァクも崩壊。もう「怪獣」はダメなのか…。
しかし、ブームは第3次を迎えようとしていました。
内山まもる氏の「ザ・ウルトラマン」がコロコロコミックで復刻、かの、朝日ソノラマ刊、
ファンタスティックコレクションNo.2を経て、小学館から発行された「別冊てれびくん/
ウルトラマン」の裏表紙に、再び怪獣ソフビ(キングザウルス)の広告を発見した時の
喜びは今も忘れられません(造型は気に入らなかったけど)。そんなわけで、功労者
である…
ポピー キングザウルスシリーズ
まずはスタンダードサイズのソフビからご紹介。向かって左が初期型です。目のみ柔らかい材質の
別パーツでした。有名百貨店のみで試験販売。隣、量産型では、目がバッテンのついた一体成型
となりました。銀の彩色はいずれも黒鉄色で、後期生産分から明るいシルバーへと変更されます。
       中央の台紙にブリスター梱包、左の足型シール(応募用)と、カタログ、応募用紙が同封
       されていました。人形自身の足裏にも足型がモールドされています。
       右のクリア成型のセブンは、ロッテガムの応募プレゼント商品。「特製人形」と銘打って
いたのに、これが送られてきた時はちょっとガッカリでしたけど。透明度が高い材質。キングジョーと
イカルスは半透明(濁った透明色)の材質で、80年代に浅草橋の問屋で入手したものですが、型を
横流しして造られた偽物である疑いがあります。透明度にご注意!です。
ポピー ソフビ 他サイズ
左のUP画像は30cmクラスの大型版、グレートザウルスシリーズ。後にバンダイからも復刻され
ますが、ポピー版は銀彩色がアイアンカラーで、手袋も同色にて彩色されていました。
中央はミニサイズ。背面には塗装がされず、ビームランプもありません。グレートザウルスともに
ヘッダー付きの袋入りでした。右はソフビ製の小さなペンダントですね。
ポピー その他フィギア
左のセブンは腕のみに針金の入った「くねくね人形」。当初ウルトラファミリー11人セットとして
販売。後に銀の彩色が明るいシルバーとなって単品でも販売(後ろ)。エレキングは無可動の
ゴム人形、メガトンザウルスシリーズ。台紙付きブリスター梱包で、セブンまたはウルトラマン
の顔がレリーフ(くねくね人形の顔型を流用)された金メッキ(プラ製)バッチ付きでした。
中央は小さなフィギア、ワールドヒーローシリーズ。プラスティック製です。股の部分がフンドシ
みたいでカッコ悪い…。 右はテレビヒーローシリーズのウルトラセブン。ひさびさのGIジョー型
アクションフィギア。肌色の素体(服を脱がすと、まるで矢吹丈な体です)にビニール加工生地
のスーツを着用。頭部はソフビ、手足はポリ製。ポピーで最もかっこいいマスクの人形です。
超合金/ポピニカ
ポピーといえば、超合金&ポピニカですね。さすが、すべてが優れものの楽しいギミック満載です!
セブンは向かって右が有名デパート先行販売のプロトタイプで、眼にバッテンがなく、肩間接が白い。
約3ヶ月後に量産型(向かって左)が発売。怪獣消しゴム3ヶがオマケにつきました。アイスラッガーが
スプリングで飛びます。なお、ほぼ同時期にウルトラマンとタロウの超合金が発売されていますが、
プロトタイプが存在するのはセブンのみです。
ウルトラホーク1号は3機分離が可能。噴射口を廻すと4連ミサイルが次々に発射されます。
ウルトラホーク3号は機体上部が開きます。ミサイルギミックも搭載。黄色の部分が銀のものもあります。
ポインターはセブンが飛び出すし、マグマライザーキングジョーも魅力いっぱいの合金玩具でした。
ポピー ウルトラ警備隊グッズ
ウルトラ警備隊光線銃(ウルトラガン)は後にボディを銀メッキされ、現在でもバンダイから
ウルトラ警備隊セットとして購入可能。造型も非常に良くできています。大人が持っても
様になるサイズもグッド。発光&音声ギミック付きです。ヘルメットは黄色い成型色が残念。
タカトクのほうがカッコ良かったなぁ…。
★ポピーからは、この他にも久々のウルトライラストレーター=前村教綱氏の筆による紙芝居や、
  お風呂セットなどなど、多彩な商品群が発売。私たちを楽しませてくれました。
ロッテ
ロッテからはチョコレートガム(ウルトラマン百科)がエントリー。セブン単独の商品ではない
けれど、まぁいいか。中央のチョコに封入された点数券を集めると、左のメタルキーホルダー
もらえました。右はガムの中包み紙。こちらは点数券を送ると、ポピー欄で前述したクリアソフビ
がもらえました。どのキャラクターが来るかはお楽しみ、と記載されていましたが「セブンを送って
ください」と付け加えたら、ちゃんとセブンを送ってくれました。
バンダイ
ポピー からどうぞ!
この時期、バンダイの商品は再版のプラモデルが中心で、他は系列会社であるポピーの担当でした。
新造形のセブン(立膝のアイスラッガーポーズのマスコットプラモ)を除き、特別注目の品はありません
でしたが、ウルトラマンキッズを経て、ディフォルメキャラの「ウルトラマン倶楽部」シリーズを展開します。
なかなか可愛いキャラクター商品ばかりで、多数紹介したい所ですが、キリがないのでイチ押しの1点!
を紹介します。
ウルトラマン倶楽部 ウルトラ怪獣ワイワイランド
2. ウルトラセブン / 8. キングジョー
プラスティック製スナップキット。完成写真は塗装を追加してますが、一応彩色済みです。
セブンは背中のスイッチで両腕を振り下ろし、アイスラッガーを発射します。キングジョーは
4つに分離、というよりバラバラに吹っ飛びます!箱裏の4コマ漫画も楽しい商品です。
タカラ
 ウルトラセブン
     ヘルメット


 当時、これ欲しかったけど、
 さすがに中学生は買っちゃ
 いけないと思ってました。
 ビームランプを押すと何故か
 アイスラッガー前部が光り、
 ビーム音がします。
ツクダホビー
 ストレッチヒーロー
  ウルトラセブン


 弾性の高いゴム製の
 商品で、腕・脚を引く
 とかなり伸びます。
 だから何なの?という
 感じで、どうやって遊
 んだら良いのでしょう?
アーク
 アークロン キングジョー

  ブルマァク・ジンクロンの後継種(アーク社自体
  ブルマァクの生まれ変わりだから)。いわゆる、
  「超合金」ですね。なぜ今ウルトラ怪獣?という
  時期の発売でしたが、私は嬉しかった。ギミック
  は、分離以外、本来のキングジョーとは関係なく
  豊富で楽しい。画像は初版、1,500円。後に派手
  なカラーリングとギミック変更を受け100円UP。
日東マスター TDFPO-1 ポインター (プラモデル)
ブルマァクのポインター(中)の復刻版。ホイール・タイヤのみ、
ブルマァクと異なります。各部メッキパーツ採用により、モデル
の美しさが引き立ってますね。ウルトラホーク1号(小)プラモ
まで復刻してオマケについてるのも嬉しかったですね。
あんそにぃ
 ウルトラホーク3号
ブルマァク・ゼンマイ発火の
ボディ型を流用し、動力を
フリクションに置き換えた商品。
3号のみ発売。

あんそにぃからは、他に
トーキングウルトラセブンなどが
発売されている。
左は昭和53年頃、
軽井沢の土産物店
で発見。第3次ブーム
直前の商品。手作りの
フェルト製マスコット
当時も驚きましたが
何と版権マークが背中
に入る正規承認された
商品だったのです。
★ブルマァク消滅後、どうなるかと心配された怪獣商品でしたが、
 第3次ブームよりも前、何故今?という時期に、講談社から発行
 された
ワールドスタンプビック「怪獣の世界」も、中々の売れ行き
 で、人気がありました。そして朝日ソノラマ刊、
ファンタスティック
 
コレクションNo.2(右画像)という、私たちにとって「金字塔的」な
 大人向けムックも発刊。衝撃的でした。漫画でも、
内山まもる氏の
 
「ザ・ウルトラマン」を筆頭に盛り上がりを見せ、いよいよ第3次の
 ブームが起こりました。上記に掲載した商品以外にも、ポピー系の
 子会社や山勝など、各社から多種多様な商品が発売、アニメの
 ザ・ウルトラマン、ウルトラマン80を経て、ウルトラマンはひとつの
 キャラとして確立し、広告その他の世界まで飛び出してゆきました。
 意外や、幸せな時代であったかもしれません。
   
                                                          

                      .
高額なガシャポン
(100円?)の景品。
くねくね人形です。
パチモンかなぁ。
タロウや新マンなどの
第1期に続く2期の商品
としてラインナップされ、
当時もレアなアイテム
でした(^^;)。